さぶろうのマラソン好日録
1972年生まれの42歳サラリーマンです。マイペースで走ってます。

プロフィール

さぶろう

Author:さぶろう
1972年生まれの42歳サラリーマンです。学生時代、フケてたので「三浪してるみたい」→「さぶろう」というあだ名でした。
20年近く運動から遠ざかっていましたが、フルマラソン完走目指して2009年1月よりトレーニングを始めました。
スタート時は182cm86kg体脂肪30%強のメタボ体型でしたが、10kg以上やせて、フルとウルトラを完走しました。
なかなか速くなりませんが、マイペースで走ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



ジョグノート



出場予定大会

4/21 チャレンジ富士五湖(112km)
5/12 道志村トレイル(ハーフ)
7/7 北丹沢12時間耐久レース



自己記録

10K 10年12月 多摩川月例 48:43
ハーフ 10年10月 タートルマラソン 1:49:52
フル 12年3月 板橋シティ 3:57:58
100K 12年4月 富士五湖 12:40:18



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


回復中!

足首をいたわり、ちゃんとおとなしく休んでます。
当たり前だけど、走らなければケガは回復していきます。
失われた体重も順調に回復していきます。(笑)
今夜あたりから、またぼちぼち走り始めます。
痛みがありませんように。



走らないとネタもないんですが、最近読んだ本で、
ノンフィクショスポーツライターの山際淳司氏のエッセイで
心に残ったものがあったので紹介します。
山際淳司氏は、ジミーさんに紹介されてから、ほとんど全ての
本を読んでます。ただし、○ックオフ100円のものに限る。(笑)


以下、山際淳司氏著『グッドラック』より引用



スポーツというものは不思議なものだ。
どんなスポーツでも、長時間にわたるトレーニングを必要とする。
1年以上に及ぶトレーニングの成果が、わずかに10秒という短い
時間のなかで問われることもある。
その一瞬のために、途方もなく長い時間を、スポーツマンたちは
過ごすのである。
その間、自信を喪失することもある。思ったように技術が伸びず、
壁にぶつかったと感じることもあるだろう。目標としていた
トレーニング量を消化できず、心にあせりが芽ばえることもある。
そして、刻一刻と試合が近づいてくる。完璧でありたいと願いつつ、
100パーセント完璧な人間などいないことも、わかっている。
そのために不安が顔をもたげ、緊張感がおそってくる。
それほどまで緊張に耐えて、いったい何が得られるのだろうかと、
考えてしまうのだ。
しかし、得るものもある。緊張に耐え、ゲームが進行するなかで、
不意にやってくる解放感だ。ぼくはそう考えている。

<中略>

そのプレーが勝利を呼ぶとは限らない。見ている誰もが記憶に
とどめているかどうかも怪しいものだ。しかし、自分のなかには、
たしかな手ごたえとして、残るのである。そういうプレー、
ちょっとしたプレーの中に、永遠の輝きを感じることもできる。
不安も緊張も「試合が始まれば、どこかへ消えてしまう」
-その時の解放感が、スポーツをスポーツたらしめる一番大きな
要素だと思う。




いいこと言うなぁ。言われる前に言われたし。(笑)
マラソンは長時間走り続けるスポーツ、一瞬の解放感というのか
どうかわかりませんが、体が軽くなったり、過去の自分より走りが
上回っているという確かな手応えを感じる瞬間があります。
それを感じた時はやはり喜ばしいもの。えてしてそういう時には
記録もいい。そういうことなんでしょうか。

そういう感覚が得られるよう、また頑張っていきます。
ウン、うまくまとまった。(笑)



↓いつも応援ありがとうございます。コメントもお待ちしています!
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ


コメント

怪我は誰でもあります。あまり気にしない方がいいと思います。私も健康診断の医者から徐脈と言われました。練習量が減らすしかないです。
[2011/09/07 ] URL | ヘンチャイ #- [ 編集 ]

ランニング雑誌って技術のHowtoはやたらと載ってるけど、
心理のHowtoって無いんですよね。
哲学というか。
モチロン書きにくい部分ではあるんだろうけど。
だから村上春樹のが新鮮なんですね。

でもスポーツはどこか共通するところがあって、
山際淳司の世界観が好きです。
本当に亡くなったのが残念。

足首順調そうで良かったっすね。
これから、これから。
[2011/09/08 ] URL | ジミー #- [ 編集 ]

ヘンチャイさん

ありがとうございます。
徐脈って、心拍数が一般の人より低いっていうやつでしょ?
私もそういう診断です。走ってるって言ったら、医者は
納得してましたよ。
ランナーの称号もらったような気がして喜んでましたが。(笑)
[2011/09/08 ] URL | さぶろう #- [ 編集 ]

ジミーさん

そうそう。
スポーツでしか覗くことのできない世界や、
「なぜ走るのか?」という問いに対する答えなど、
その辺りをうまく表現してる文章って、なかなかないんですよね。

私もジャンル問わず本は結構読むんですが、多分運動してない
時期に山際淳司の文章読んでも、感じるものが少なかったでしょうね。
走ってる今だからわかることもあるなぁと。

そういう意味では、人のブログを覗いてるのは楽しいんですよね。
ジミーさんのブログ見つけたときは、夢中で読んだなぁ。(笑)
私も、何考えて走ってるか伝えようとしてるんだけど、
山際氏や村上春樹氏の100万分の1も文章力がないので、苦悩してます。(笑)

足首、ほぼ完治したと思ってるので、これから巻き返しです。
頑張りますよー。
[2011/09/08 ] URL | さぶろう #- [ 編集 ]

お久しぶりです。

私も山際さんの作品大好きです。
「八月のカクテル光線」という短編が最初だったんですが、彼の作品は殆ど読んでますよ。
実際にお会いしてお話させて頂いた事もあります。
もっともっと色んな作品を読んでみたかった作家さんの一人です。

脚の具合はいかがですか?
休む事も立派なトレーニングですよね。
私も今ボロボロの身体をいたわっているところです。
[2011/09/08 ] URL | とぉ #mQop/nM. [ 編集 ]

とぉさん

山際さんにお会いしてるんですか!
私は読み始めたのが最近なので、すでに亡くなって
いたから、遠い存在でした。
もっと彼の目を通したスポーツの世界を見たかったですね。

おかげさまで、足首はほぼ復活しました。
これからまた追い上げていきたいと思います。

とぉさんも、手賀沼&佐渡のトライアスロン、完走
(っていう表現でいいのかな?)おめでとうございます!
佐渡のレポは、感動しそうでワクワクしてます。
[2011/09/08 ] URL | さぶろう #- [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://saburo78.blog68.fc2.com/tb.php/523-3054d5dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。