さぶろうのマラソン好日録
1972年生まれの42歳サラリーマンです。マイペースで走ってます。

プロフィール

さぶろう

Author:さぶろう
1972年生まれの42歳サラリーマンです。学生時代、フケてたので「三浪してるみたい」→「さぶろう」というあだ名でした。
20年近く運動から遠ざかっていましたが、フルマラソン完走目指して2009年1月よりトレーニングを始めました。
スタート時は182cm86kg体脂肪30%強のメタボ体型でしたが、10kg以上やせて、フルとウルトラを完走しました。
なかなか速くなりませんが、マイペースで走ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



ジョグノート



出場予定大会

4/21 チャレンジ富士五湖(112km)
5/12 道志村トレイル(ハーフ)
7/7 北丹沢12時間耐久レース



自己記録

10K 10年12月 多摩川月例 48:43
ハーフ 10年10月 タートルマラソン 1:49:52
フル 12年3月 板橋シティ 3:57:58
100K 12年4月 富士五湖 12:40:18



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チャレンジ富士五湖 その5 レース後半・完結編

60kmを過ぎ、第三関門の本栖湖県営駐車場をミニゴールに
設定してから、ややペースが上がりました。

周りと同じく走ったり歩いたりのペースだったんですが、
このままではどんどん予定時間を過ぎてしまうと思い、まずは
本栖湖に一秒でも早く着いて、完走への望みをつなげることが
大事だと考えたんです。

同じペースの人達を抜かし、引き離すのは、強い意志が必要です。
自分が少しペースを上げて先行すると、貯金ができた感じがして、
「少しくらい歩いていいか」という誘惑が襲ってきます。
貯金とか何の根拠もないんですが、いつのまにか周りのペースに
同調してしまい、本来進むべきペースが守れないんです。
関門の時間が後ろから迫っているこの状況では、これは極めて
危険なことだったと思います。


今は、周りと自分は関係ない。本栖湖に一秒でも早く着くことが
目標だから、とにかく先を急がねばならない。
今まで抜きつ抜かれつだったお姉さんやおじさん達を鉄の意志で
引き離し、本栖湖に早く着くことだけに集中します。

腕フリを意識して、無理にでも脚を交互に出す。努めて機械的に。
苦しい。でも、リズムが出てきたかも。

このあたりだったでしょうか、折り返しのレオちゃんマンさん
とハイタッチして元気をもらいます。
112kmなので、もう本栖湖を一周して帰ってきてるんだ。
本当にスゴい。
続いて、ぞりおさんやネコさんともすれ違う。着ぐるみ着て、
絶対暑いはずなのに、あの強さ。

彼らは、自分よりも確かに走力が上。しかし、だからと言って、
苦しくないはずはない。周りに、余裕で走ってるランナーなんて
一人もいない。
各々のレベルで、絶対に壁はきてるはず。それをみんな乗り越え
ながら完走を目指してる。私は私の壁と闘わねば。

とりあえず本栖湖だ!

~65km 37:41(キロ7分32秒) 7:46:36
DSCF0826.jpg

よし! よし! ペース上がってきた!
本栖湖、本栖湖、本栖湖…

とにかく本栖湖を目指して激走です。
実際はキロ7分くらいですが。(笑)

もうすぐ本栖湖か、というところで、向こうから、
「さぶろうさ~ん!!」という大声が。
見ると、関西から72kmに出場の、リリレイラさんでした。
初対面でしたが、お互いブログを始めた頃から、お互いの成長を
知っているので、なんだか感激でした。

ここでも元気をもらい、ひたすら本栖湖を目指して走ります。
もう、ここからキロ表示の写真も、ラップもありません。
そんな余裕はもうありませんでした。

エイドに着くや、すぐに禁ラーTシャツに着替え、補給、
一緒になったアズケンさに声をかけ、急いで出発です。

さて、目標の13:53に対して、時間は… 14:13分でした。
関門の17分前!!

うわぁ、最後あれだけ走って目標を20分オーバー!!
私の計画では、20分の余裕を残してゴールする予定だったので、
その20分をここで食ってしまったことになります。
もう1分の余裕もなくなってしまいました。
薄々はわかっていながら、改めてこの事実に愕然とします。

くっ… もうダメなのか。

絶望的な気持ちのまま本栖湖エイドを離れ、ヨロヨロ走りながら
しばらくすると、むこうから逆に本栖湖へ向うランナーたちが
走ってきました。みんな必死に走っています。

そして、もう関門にはおそらく間に合わないだろうという時間帯で、
私と抜きつ抜かれつだったランナーが、次々とやってきたんです。
この光景は、本当に衝撃でした。

うわぁ、あのまま彼らと同じペースで走ってたら、関門アウト
だったんだ!
彼らと私を分けたものは何だ? 多分、決定的な走力の差はない。
皆、とっくに限界を超えている。
少しの気持ちと、少しの努力が、完走と関門アウトを分けるんじゃないのか。
あと30km、気を抜けば間違いなく関門アウトだろう。
でも、死ぬ気で努力すれば、間に合うかもしれない。
今努力しないで、いつ努力するんだ。今走らなかったらいつ走るんだ。
今日完走するには、今走るしかない。
ここであきらめたら、一生後悔するぞ。

歩くのも走るのも自分の意志、しかし歩けばそれだけゴールが
遠のき、関門が近づく。逆に走ればゴールが近づく。
関門アウトになった後、「なぜあそこで走らなかったんだ」と
猛烈に後悔するのだけはゴメンだ。絶対に完走するんだ。

ここで、私はフラットと下りは絶対に歩かないと決めました。
上りはもう走れない。ならば、できうる限りでの早歩きで。
エイドでは、極力休まない。ここまできたら、別に寄らなくたっていい。
エイドで5分休めば、キロあたり1分のペースを、5キロ分損する
ことになる。だったら、エイドで休まずに1分遅いペースで走った
ほうがいい。

次の関門である西湖公民館まで11.4km。目標ペースはキロ9分。
しかし、キロ9分を目標にすると、おそらく達成できない。
目標はもっと高く、走りはキロ7分で、上りは歩いても貯金が
できる状態にしなければ。
とにかく可能な限り走って、少しでも貯金をしよう。

この区間、本当に苦しかったです。
キロ7分でも、息遣いはまるで全力疾走のよう、心臓は破裂しそうです。
脚はとっくに終わってるし、縁石の上り下りがツラいこと。
でも、走ってると、同じペースで5人くらいの集団になりました。
多分、この人たち、同じ発想で走ってる。
同じように苦しくて、同じようにゴールを目指している。
妙な一体感で、ひたすら次の関門を目指します。

次の関門は、関門時間の17時に惑わされてはいけなくて、
ここをギリギリに通過すると、あとの関門で完全アウトになって
しまいます。
私の当初の目標は、ここを15:36分に通過する予定でした。
本栖湖で20分遅れているから、少なくとも15:56には通過しなければ
いけない。

気になる通過タイムは…
DSCF0828.jpg


キタ!!! やった!!!
20分の遅れから、13分の遅れに戻した!!
あきらめなくてよかった!!
ここで、完走への希望がつながり、グッときて涙が出ました。
こんなところで泣いてる人なんていませんが、私には、最高の
瞬間でした。
涙ぐみながら掲示板の写真を撮る男一人。(笑)

しかし、ここで気を抜いてはいけない、完走を確実なものに
しなくては。
次の目標は、最後の上り坂に入る前(95km地点)に、1時間の
貯金を作ることです。残り5kmを1時間あれば、歩いてキロ12分
かかってもゴールできる。そこまでは、引き続き走ろう。

次の関門まで13km。途方もなく長い距離ですが、相変わらず
下りとフラットは走り、上りは早歩きを繰り返します。

途中、ほとんどのランナーが寄る西浜小学校のエイドなど無視して、
ドンドン進みます。ここの下り、多分キロ5分くらいでブッ飛ばします。
どこにこんな力が残っていたんだろう?

そして、河口湖を離れ、最後の関門に向かう途中、みんな歩いたり
走ったりを繰り返しています。
周りを見てると、ずーっと歩く人はいない。みんな自分で走り出す
ポイントを自分で決めて、どこかで必ず走っている。
ウルトラランナー、みんな心が強いです。

最後の関門が見えてきても、みんな走ってる。
私も走ろう。

最終関門エイドも、休憩せずにスルー。喉が乾いてるし、空腹だけど、
それよりもゴールに向かいたい。
目標通過タイム17:40。
実際の通過は… 17:50!!

やった!また取り戻した!
あと5kmを70分かけてもいい。もう大丈夫だ。

まず、上りの3kmはゆっくり歩かせてもらいました。
今日一日を振り返りながら。
本当に大変だった。何度もあきらめかけた。挑戦したことを後悔
したりもした。でも、あきらめないでよかった。

みんな歩いてるの図
DSCF0829.jpg


私の場合、もともと完走タイムがギリギリだっただけに、
自分があきらめる=関門アウトというわかりやすい図式だったんです。
14時間ずっと、弱い自分との葛藤でした。
こんなにも自分と向き合ったことはなかったかもしれません。
結果、ゴールできることは本当に嬉しい。
他の人より景色も楽しめなかったし、エイドにも全然寄れなかったけど、
これが私のウルトラでした。


こんなことをボーーっと考えながら歩いてると、後ろからMasahiko
さんが登場!
72kmに参加し、制限時間いっぱい使って楽しんだようです。
まだまだ元気で、最後の急坂を颯爽と登っていきました。
最後ここが走れたら気持ちいいだろうなー とか思いながら、
別世界の人間を見る目で見送りました。(笑)


さぁ、もうすぐ上りも終わりかな?
というとき、道路の反対側にガチャピンが!
仕事終わりに駆けつけてくれたカツヲさんでした。
リンガンガーさんと一緒に、待っていてくれたようです。

↓カツヲさんが撮ってくれた写真。
2011富士五湖+084[1]
2011富士五湖+089[2]


最後の2kmは走りましたよ。みんな走ってた。

そしたら、まず競技場の入口で、ジミーさんが迎えてくれました。
やはり、腰痛でDNFだったみたい。でも、本当に私のゴールを
喜んでくれました。

↓ジミーさんが撮ってくれた写真。
2011_0501チャレンジ富士五湖0200[1]

次に、家族が応援にきてくれてました。
P1110386[1]

そして、ブログ村のみんなが。
こういう時、ゴール時間が遅いって、得ですね。(笑)
みんなから祝福してもらえた。
皆さん、本当にありがとうございました!

ゴールの瞬間。
ゴール時間は、13時間47分くらい。制限時間13分前でした。
wmuDXBV1LqmJmawSCU03ks37sDZB01[1]

P1110388[1]

家族と
P1110401[1]

そして仲間と
IMGP1831[1]
集合写真

頑張った証
DSCF0837.jpg
DSCF0834.jpg


最後に、完走した翌日、ジョグノートに記した私の心境を
転記して、レポの最後とさせていただきます。




ウルトラマラソンは、フルマラソンの延長線上にある
ものではなく、想像以上に過酷な競技でした。

序盤から関門との戦い、走ってる間、ずっと関門のことが
頭から離れませんでした。

気を抜けば関門アウトになる状況下、休みたくなる自分と
ずっと葛藤した14時間でした。

ゴールできたことに感動しましたが、それ以上に、途中で
「間に合うかもしれない。あきらめずに頑張ってよかった」と
思えたとき、グッときて涙が出ました。

たくさんの仲間がこの大会を走りました。
すごい記録を出した人、最後まで楽しみながら走れた人、
後半猛烈な追い上げで完走を果たした人、ケガでリタイアを
余儀なくされた人、走る気持ちはあるのに関門アウトだった人…
それぞれドラマがあって、そこにそれぞれのウルトラがあった
ようです。

日が沈んだ競技場で、たくさんの仲間とお互いの健闘を
讃えました。みんないい顔をしてました。

今は、またウルトラを走りたいか、と言われても即答
できませんが(笑)、少なくとも、走ってよかったとは
思います。
いい経験をさせてもらいました。ありがとうございました。


↓いつも応援ありがとうございます。コメントもお待ちしています!
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ


コメント

そうだよね
時間が長いから自分と向き合いすぎて ここ?みたいなところで思わずグッときたり
みんな歩いてるの図 笑った!
[2011/05/04 ] URL | ハンサムネコ #- [ 編集 ]

レポを読んでさぶろうさんの折れない心に感動しました。e-259

最後まで諦めない強い気持ち・・・・ランナーに取って一番大事な要素を持ってるさぶろうさんは本当に素晴らしいランナーだと思います。

私もいつかはその強い気持ちを身につけて100Km完走目指したいと思います。

改めておめでとうございます!!\(^O^)/

[2011/05/04 ] URL | Masahiko #- [ 編集 ]

こんばんは。いや~、感動しました。
どんどん引き込まれました。
ホントにすごいわ~。おめでとう。

今後も活躍を期待してます。
[2011/05/04 ] URL | spin #- [ 編集 ]

完走おめでとうございます!!

さぶろうさんの強さに感動しました。集団を自ら離れる選択は極限の状態ではなかなか出来るものではないと思います。
これからのマラソン人生においてこの富士五湖が力になると信じてます。次はフルマラソンだぁー!

今はそんな気分じゃない?(笑)
[2011/05/04 ] URL | ごくみ #- [ 編集 ]

ほんとにすごいですね~。感動です。

関門との戦い。最後、もう大丈夫だという瞬間。

しかし、歩こうが何しようが足が痙攣したりする私は、相当鍛えてからでないと完走は難しい大会なんだなということがわかりました。

最後、もう大丈夫だって状態が、歩いても足が痙攣する私には訪れないと思うので。
まずは痙攣しない足作りですね。いつかは100キロだな。
[2011/05/04 ] URL | 城 #- [ 編集 ]

最後ね、最終関門の少し前、さぶろうさんに会えたから完走できました。
あの時迷ってましたもう走れないしリタイヤしようかなって。
さぶろうさんが諦めてないから行こうって思ったんですよ。ありがとうございました。
[2011/05/05 ] URL | 南部 #- [ 編集 ]

さすが、さぶろうさん!
レース前からこの完結編までの
チャレンジ富士五湖シリーズ最高でした
特に完結編はマジ感動です

家族に迎えられる、さぶろうさんの笑顔
100km完走の先にあるものを見せてもらった気がして
なんか涙が出てきました

ブログ村の仲間も最高ですね
みんないい顔してる

>今は、またウルトラを走りたいか、と言われても即答
できませんが

ダメですよ責任とってもらいますから、わかりますよね(笑)
[2011/05/05 ] URL | のべ #ReDJDbc2 [ 編集 ]

さぶろうさん、ご無沙汰です。
ちゃんとウルトラマンになりましたね。
完走おめでとうございます☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆ウルトラって気持ちの部分も大きいから。よくがんばったな~すごい!!
しっかり休んでくださいね。
[2011/05/05 ] URL | しまねこ #- [ 編集 ]

ハンサムネコさん

そうなんです。
第四関門はヤバかった。周りは、超のんびり雰囲気でしたが。

最後、ネコさんの言ってたのはこれかー とか思いながら
写真撮りました。
普段ありえない光景だから、面白いんですね。
[2011/05/05 ] URL | さぶろう #- [ 編集 ]

Masahikoさん

ありがとうございます。
実際は、途中で何度も心折れてるので、あまり
褒められたものではないんでしょうけど、
本栖湖過ぎてからはスイッチが入った感じです。
Masahikoさんの、あの後半の驚異的なスタミナ
をもってすれば、100km完走は間違いないと思います。
得られるものは大きいと思うので、是非とも挑戦
してみて下さい。
[2011/05/05 ] URL | さぶろう #- [ 編集 ]

spinさん

ありがとうございます。
やや感傷的ですが、やっぱり心動いたもので、
あんな記事になってしまいました。
今は抜け殻みたいになってるので、(笑)
またボチボチ始動したいと思います。
[2011/05/05 ] URL | さぶろう #- [ 編集 ]

ごくみさん

ありがとうございます。
終盤の集団走、あれは麻薬ですね。
完走ペースならいいんでしょうが、私の場合は
関門アウトへの悪魔の誘いでした。
最後は自分の意志で走れたかなぁと思います。
フルマラソン、もちろん行きますよ。
まずサブ4ですが、これがまた難しい…(笑)
[2011/05/05 ] URL | さぶろう #- [ 編集 ]

城さん

周りに攣ってるような人、たくさんいました。
特に終盤、地獄絵図のよう。当たり前の光景すぎて、
あえて写真は撮りませんでしたが。
やはり相当なハンデになるでしょうから、攣ったり、
関節系の痛みは避けたいですよね。
とにかく長い時間動く練習がお勧めです。
勝手に荒川Cityマラソンなら付き合いますよ。(笑)
[2011/05/05 ] URL | さぶろう #- [ 編集 ]

南部さん

そう、終盤南部さんに会ったんですよね。
あれ、河口湖の最後のほうだったでしたっけ?
記憶が曖昧で。
「南部さん、完走いけますよね?」と自分にも
言い聞かせるように聞いても、首かしげてましたね。(笑)
でも、あのときの南部さんの走り、力強かったですよ。
周りでも、一番目立ってた。
ゴールで待ってて下さい、そう念じました。
私も南部さんに力をもらって完走できました。大感謝です。
[2011/05/05 ] URL | さぶろう #- [ 編集 ]

のべさん

ちょっとヤバいでしょ。
もっといろんなこと考えてた気がするし、
実際体験したら、本当に壮絶で過酷で、感動的ですよ。

ゴール後は、なんか異様な盛り上がりでした。
そこら中に感動がいっぱいある感じで。

やっぱり来年出なきゃダメ?(笑)
でもね、今でも毎日ウルトラのこと考えてます。
あんな刺激的な体験、そうないと思うから、
しばらくしたら、また出たくなると思います。
[2011/05/05 ] URL | さぶろう #- [ 編集 ]

改めて 完走おめでとうございます
最後も走って すごいなぁ~
準備もすばらしかったですもん
その準備が 自分の弱い心に勝った秘訣でしょうね

私は 練習も知識も持ち物もすべて準備不足でした
(5本指ソックスまで 忘れてしまったし)
私は 自分に負けましたもん
最後の関門から 歩いても間に合うとわかったら まったく走れなくなった

いまだに 後悔してます

さぶろうさんは 本当にすごいなぁ
尊敬ですよ

ちなみに タイムも1分負けました(笑)
10キロのタイムも 1分負けてます
ハーフのタイムは 一緒~♪

ライバルだわっ!!
(ライバルを作ると 長続きするときいて
ライバルを探し中♪ずうずうしくて失礼しました~)
[2011/05/05 ] URL | ちゆ #NUPN.0j6 [ 編集 ]

しまねこさん

ありがとうございます。
思えば、タートルの時、しまねこさんにウルトラのことを
根掘り葉掘り聞いて、あの辺りからウルトラの練習を始めたんです。
あの時聞いてた、長い時間動く練習、本当に効いたと思います。
ありがとうございました。
ウルトラ、過酷だったけど、感動的で刺激的でした。
また来年出てるような気がしてきました。(笑)
[2011/05/05 ] URL | さぶろう #- [ 編集 ]

ちゆさん

ありがとうございます。

いやいや、ちゆさんのウルトラは、走暦1年未満で
完走しちゃったわけだから、私とは比べ物にならない
ぐらいの偉業だと思いますよ。
それは、身をもって体感しました。

最後はね、走るって決めてたんです。
コースの下見してたのもあったけど、下りとフラットなら、
体が限界超えてても走れるのが、なんとなくわかってたし。
でもね、歩いてゴールしたって、それはそれでその人の
ゴールの姿でいいと思いますよ。リタイアした人だって、
精一杯自分と戦っての結果だろうし。

いやー ちゆさんにライバル視されると、恐ろしいわ。(笑)
勝てる気しないし。
私は当面の目標はサブ4かなぁ。これって、本当に難しいと思う。
でも、フル以外のタイムがほとんど一緒なら、私も頑張れば
いけるのかなぁ。でも、ちゆさんの練習と本番の走りは参考に
ならないしなぁ。(笑)
私も、気がついたら、サブ4でした。みたいなのが理想です。
多分、私の性格からして、絶対ないと思うけど。(笑)
[2011/05/05 ] URL | さぶろう #- [ 編集 ]

お疲れ様でした、泣けてきますよ。

こういう風になっちゃうと
去年末のケガが壮大なフリだったと思えて仕方が無い
奇跡の復活みたいな。

あと気持ちとか状況を文章にするのが
ウマすぎです(笑)。

私もがぜんやる気が出てきましたよ。
[2011/05/05 ] URL | あんどー #- [ 編集 ]

お疲れさまでした~!
改めて、完走おめでとうございます!

さぶろうさんアフターでは超無口だったから、なおさらレポが待ち遠しくて仕方なかった。笑

というか、100km完走よりサブ4のが難しいんですか??
なんとなく100km完走するにはサブ4くらい走れないとだめだ~と思ってたけど
やっぱりフルマラソンとウルトラは別物なんですね。

例のさぶろうさん達にもお疲れさまでしたとお伝え下さい。笑
[2011/05/05 ] URL | nachi #- [ 編集 ]

お疲れ様でした。
改めまして完走おめでとうございました。
ウルトラは泣けますよね。私は走ってるとき泣けてきて・・・(笑)
さて筋肉痛も治まったので、次はどの100キロ走るか検討しましょう~!
宿泊から店選び、そして感動をありがとう!
[2011/05/05 ] URL | MJ #- [ 編集 ]

ああっ違うんです!
さぶろうさんがサブ4達成してないから100km完走できないだろーとか思ってたわけじゃないですよ!
自分が挑戦するならサブ4達成してからって思ってたので。
さぶろうさんの走力ならサブ4も近々達成できるはず!
[2011/05/05 ] URL | nachi #- [ 編集 ]

体力がとっくに限界に達した状態で後半に遅れを取り戻す事がどれだけ大変で、
どれだけ「鉄の意志」が要求されるか…
同じく制限時間ギリギリで完走した者として、よく解ります。
まあ、自分の場合はさぶろうさんほど強い「鉄の意志」を持てず、後半は前半の貯金を食い潰す走りになってしまいましたが…。
途中でリタイヤする言い訳ばかり考えてた時もありました。

さぶろうさんの「強い意志」を見習って、自分は来年もチャレンジします。
当然、さぶろうさんも来年も参加ですよね?
最後になりましたが、感動レポ有り難うございました。
[2011/05/05 ] URL | どら #- [ 編集 ]

ほんどにぎりぎりまで走りました。完走おめでとうございます。

チャレンジ富士五湖の結果も出ました。

http://www.r-wellness.com/ultra/senryu/result-2011fuji5.html
[2011/05/05 ] URL | ヘンチャイ #- [ 編集 ]

あんどーさん

壮大なフリね。(笑)
思えば、あんどーさんと一緒に出た、多摩川月例で
ケガしましたからね。
でも、あそこで慎重になって、ゆっくり長く動く練習に
シフトしたから、完走できたのかもしれません。
だから、ケガにも意味があったんでしょうか。

文章ですが、本当はもっと表現したいことがあるような
気がするんですが、やっぱり言葉は難しいです。
少しでも雰囲気が伝われば幸いです。

多摩川月例、極力参加しますが…
キロ6分がキツい…(笑)
[2011/05/05 ] URL | さぶろう #- [ 編集 ]

nachiさん

ありがとう。
アフターでは、もう抜け殻になってたからね。(笑)

いや、やっぱりサブ4くらいの実力は必要らしいよ。
要は、キロ6分~7分で走るときの、余裕度が問題とのこと。
それは走ってて感じたわ。
でも、やっぱり私には、サブ4のほうがハードル高い気がする。
歩けないし。(笑)

影武者たちね。
実は、私は一人も会ってないんだけど。(笑)
[2011/05/05 ] URL | さぶろう #- [ 編集 ]

MJさん

お疲れ様でした!
何なんでしょうかね、あの感動は。
自分で自分に感動してるんですね。

ウルトラ、当面はいいかな… と思ってましたが、
やはりジワジワ走りたくなってきました。(笑)

前日からみんなで過ごせて、いい思い出になりましたね。
またどこかでご一緒してください。
[2011/05/05 ] URL | さぶろう #- [ 編集 ]

nachiさん

大丈夫、大丈夫。
私も、本当は湘南国際でサブ4達成する予定だったんですよ。
それから、順調にウルトラへステップアップするつもりでした。
サブ4→ウルトラ、というのは自然な流れの気がするし。

しかし、順序が逆だと、遅いペースに慣れてるし、歩き癖が
ついてるしで、結構大変かも、という気がしてます。
サブ4はサブ4で、そのための練習して、努力しなきゃダメかな。
まぁ、近いうち、絶対達成しますよ!
[2011/05/05 ] URL | さぶろう #- [ 編集 ]

どらさん

少しの気の緩みが、確実に後半ツケになってまわって
くるので、本当にキツかったですね。
しかし、私が走って感じたことは、112kmというのは、
100kmより数段完走のハードルが高いということ。
70km超えてからは、1kmが異常に長い。
あそこから、30分のプラスで12km余分に走るという
行為が、私には想像がつきません。
どういう走り方であったにせよ、112kmの完走を果たした
どらさんは、本当に尊敬します。
今は、来年どうするか、ということは想像できないんですが、
多分参加してるんじゃないかな…(笑)
[2011/05/05 ] URL | さぶろう #- [ 編集 ]

ヘンチャイさん

ありがとうございます。
結果見ました。完走率、今年は低かったようですね。
厳しいレースでした。
お互い完走できてよかったです。
[2011/05/05 ] URL | さぶろう #- [ 編集 ]

改めてお疲れ様でした!
こんな壮絶な関門との戦いしてたんですね!?
しかし、そこで盛り返せるさぶろうさんの強さはさすがだと思います

来年は112kmいっちゃってください♪
僕?僕はもう絶対走りたくないので応援行きます!




ん~、でもちょっとまた走りたいような…(笑
[2011/05/05 ] URL | ぞりお #- [ 編集 ]

完走、おめでとうございます。
それにしても、後半になっても、気持ちでスピードアップして走るのは、初100kmとも思えない快走(いや、怪走か?)で、素晴らしいです。
私も、さぶろうさんに力を頂き、来月、頑張ろう(いえ、頑張ってはいけないのですが・・・)、と思います。
[2011/05/05 ] URL | ammysan #- [ 編集 ]

ぞりおさん

そうなんですよ。ぞりおさんとすれ違ったとき、
少しでも頑張ってて、本当によかった。
112km、たかがあと12kmだけど、途方もない
距離だと思ってしまいますね。
でも、ぞりおさんが出るなら… とか。(笑)
距離はともかく、また来年出てるような気がします。
[2011/05/05 ] URL | さぶろう #- [ 編集 ]

いや~感動のレポをありがとう!
涙でPCのモニターが見えませんから!

さぶろうさんは「何かもってる」よねぇ~

次は駅伝、その次は喜多?
フルが短くかんじるかもね(笑
[2011/05/05 ] URL | る~ぷ #HfMzn2gY [ 編集 ]

ammysanさん

ありがとうございます。
前半頑張ってはいけない、というammysanさんのアドバイス、
何とか守れて完走果たせました。
予定では、前半の抑えがきいて、後半余裕をもって走る
はずだったんですが、まったく想定外の状況になって
しまいました。まぁ、これもウルトラということなんでしょうか。
ammysanさんは、次は岩手ですね。頑張らないように頑張ってください!
[2011/05/05 ] URL | さぶろう #- [ 編集 ]

る~ぷさん

ちょっと大げさかもだけど、偽らざる心境です。
だって、やっぱり感動したから。
あの雰囲気、あの感じ、その場にいた人はみんな
何かエネルギーをもらいましたよね。

そうか、もうすぐ駅伝でしたね。
5km30分かけてもよい? マジです。(笑)
[2011/05/05 ] URL | さぶろう #- [ 編集 ]

じりじり伝わってくる感動レポでした

さぶろうさんのお人柄がこのレース結果なんじゃないかと勝手に想像してしまいましたよ

ウルトラ、まだまだ先の目標かな?って思ってたんですがワタクシも体験~完走~感動したい衝動にかられてしまいました^^



[2011/05/05 ] URL | ハル #- [ 編集 ]

初めて書き込みさせていただきます。
チャレンジ富士五湖のことが気になって検索したところ、このブログにたどり着きました。

僕は去年四万十川ウルトラマラソンに出場したんですが、ウルトラマラソン終盤の極限状態の感覚、今でも嫌というほど覚えてます(笑)
歩いてもいいから決して立ち止まらない、気持ちを切らさない、これがウルトラマラソンを完走するために大切なことだと改めて思い返しました。
100km完走、本当におめでとうございます!

ちなみに、、、
僕はウルトラマラソン完走の感動が忘れられず、来月もう一度ウルトラマラソンに挑戦します(^^)/
さぶろうさんが再びウルトラの舞台に立つのを楽しみにしています☆
[2011/05/06 ] URL | ゼロ #mQop/nM. [ 編集 ]

ハルさん

ありがとうございます。
ハルさんサブ4してるし、走力は絶対私より上だから、
全然イケますよ。
走りたいかどうか、ということが問題らしいです。
そういう意味では、もう完走したようなもんですよ。

関係ないですが、今日「岳」読みました。
確かにミスキャストですね。(笑)
[2011/05/06 ] URL | さぶろう #- [ 編集 ]

ゼロさん

コメントありがとうございます。
ブログにもお邪魔しました。私と走り始めた時期が一緒くらい
なんですね。ゼロさん、すんごい速くてビックリ。

ウルトラ、やはり醍醐味はあの終盤の極限状態なんでしょうか。
あの感じ、なかなか忘れられるものではないですよね。
走ってる最中は、「もう二度と走るもんか!」って思ってました。
それが、走り終えた直後は、「走ってよかった」に変わりました。
今は、「また走ろうかな」と思ってます。
多分、もうすぐ「また走りたい!」になると思います。(笑)

どこかのウルトラの大会でお会いするかもしれませんね。
お互い頑張りましょう!
[2011/05/06 ] URL | さぶろう #- [ 編集 ]

やっぱり完走したかった
完走して、喜びをさぶろうさんと共にしたかったな
[2011/05/06 ] URL | 9000 #- [ 編集 ]

さぶろうさんのウルトラへの想い、強い心に感動しました~
諦めない気持ち、ウルトラには絶対必要ですね

次は112㎞とかですかね?

もう走りたくないとか思っていたのに
今は思い通りの走りをして完走したい!
という気持ちが芽生え始めています
ウルトラの魅力を知ってしまったようです^m^





[2011/05/06 ] URL | リリレイラ #- [ 編集 ]

9000さん

私も同じ気持ちです。久しぶりに一緒に走ったレース
だったんですよね。完走の喜びを共有したかった。

9000さんの記事、最後のエピソード2まで拝見しました。
とても走れる心身の状態ではなかったんですね。
100%気力体力が充実してても完走は難しいレース、
あの状態でスタートラインに立つだけでも勇気が
必要だったと思います。

簡単には言えないけど、やはりまたリベンジしてほしいなと。
チャンスはいくらでもあるし。

今回の経験は、私にとって強烈でした。
レース直後は、次のことは考えられませんでしたが、おそらく
またあの感動が懐かしくて、ウルトラに挑戦したくなるような
気がしてます。

多くの仲間が集まった富士五湖、また来年も、同じような
舞台になって、たくさんのドラマがあるように思います。
あと半年したら、もうエントリー開始ですよ。
この悔しさを胸に、来年一緒に完走できたら、今年以上に
感動すると思うんですが。いかが?
[2011/05/07 ] URL | さぶろう #- [ 編集 ]

リリレイラさん

ウルトラ、ツラい思いをした分、感動が大きいんでしょうか。
レース中は、絶対にもう挑戦しないって思ってたのに、
やはり私も次のことを考えてしまいます。
112kmは、100kmとは難易度が全然違うので、躊躇して
しまいますが、いつかは挑戦してみたいですね。
また来年会えますか?(笑) 今度はゆっくりお話しましょう。
[2011/05/07 ] URL | さぶろう #- [ 編集 ]

おはようございます。
先週の今頃は走ってる最中でしたね。
チャレンジ富士五湖が終わってもう一週間経つんですね~早いですね~
今回初のウルトラ参戦の模様が刻一刻とレポートされてて、本当に過酷な一日、でも完走した後の爽快感。。1人では絶対100km(ワタクシは112kmでしたが・・)走れません。周りのランナーそして応援してくれる人がいるからここまで走れるんです。
またあの感触を味わいにまた9月の大会に向けてまたランニング再開です。
本当は来週開催予定だった野辺山ウルトラ100kmエントリーしてたんだけど中止になっちゃったので^^;
野辺山100kmチャレンジしてみます(笑)
71kmの部と42kmの部もありますよ。ただスタートはどの部も朝5時スタートです。
[2011/05/07 ] URL | ワイノ #- [ 編集 ]

ワイノさん

もう1週間ですか。
早いですが、今でも頭の中は、ウルトラの思い出でいっぱいです。
これがウルトラの魅力というやつなんでしょうか。

わたしも、トレーニング再開しました。
目先を変えて、今度はスピードトレーニングを意識したいと
思っています。でも、やっぱり苦手かな。どこかでウルトラの
こと考えてるし。(笑)

野辺山挑戦ですか。是非とも頑張ってください。
相当過酷だと聞きます。
私もいつかはチャレンジしてみたいです。
でも、やるなら100kmかな。70kmと100kmでは、世界観が
全く違うと思うので。
[2011/05/07 ] URL | さぶろう #- [ 編集 ]

All Sportからチャレンジ富士五湖の写真を見つけました。よく取れました、ありがたいです。
[2011/05/07 ] URL | ヘンチャイ #- [ 編集 ]

ヘンチャイさん

私も写真見ました。
よく撮れてました。
買うと高いんですよね。 
でも、思い出だし、今回は買おうかな…
[2011/05/07 ] URL | さぶろう #- [ 編集 ]

さぶろうさん 改めて完走おめでとうございます。

なんか凄いです。
想像以上に過酷なレース、自分との闘いなんでしょうね。
でも完走出来たときは想像以上の感動、
喜びが待ってるんだろうなと思いました。

さぶろうさんのこのレースにかける意気込みが
伝わってきて感動しました。

私も早くウルトラに出れるように努力したいと思います。
[2011/05/07 ] URL | カメザル #- [ 編集 ]

カメザルさん

ありがとうございます。
みんなそうだと思いますが、ずっと自分と向き合い、
自分と闘い続けるレースです。
特に私の場合は完走ギリギリでしたから、そこに
ドラマがあったように思います。
ウルトラに挑戦してみたい、そういう思いがあれば、
完走は近づくと思います。
是非近い将来挑戦されることを期待してます。
[2011/05/07 ] URL | さぶろう #- [ 編集 ]

(こちらでは・・・) はじめまして!

最後まであきらめない走り、そして、感動のゴール
おめでとうございます!& お疲れさまでした。

ウルトラは、走力に加えて強い精神力を持っていないと
走りきれないのでしょうね。 素晴らしいです!


箱根5区の後、コメントをしたかったのですが
バタバタしていてタイミングを外してしまいました。
申し訳ありません。
あの5区の後、折り返して6区を走ったのも、
今回の素晴らしい結果につながったのでしょうね。
箱根ではゆっくりお話が出来ませんでしたが、
また一緒に走る機会があったらよろしくお願いします。


[2011/05/08 ] URL | りぞらん #- [ 編集 ]

いやぁ~やっぱりギリギリって面白い~!!
わたしはいつも関門との攻めぎあいなので、涙ぐむ気持ち、よーーーくわかります。
読んでいて、こちらまで貰いウルウルしながらも、しっかり「そこで写真撮るんかいっ!」と突っ込ませていただきました。
(笑)
完走、本当におめでとうございます!
きっとギリギリのドキドキ感がジワジワきて、さぶろうさんは、またウルトラ走っちゃうと思いますけど、どうでしょうか。
[2011/05/08 ] URL | COHARU #- [ 編集 ]

りぞらんさん

コメントありがとうございます。
箱根マラニックでは、お世話になりました。
りぞらんさんの仰るとおり、終盤のキツい状況で脚が動いたのは、
箱根5区6区の練習があったからだと思っています。
またお会いする機会もあると思いますので、色々教えて下さい。
今後は、スピード練習にウェイトを置いてみたいと思っています。
[2011/05/08 ] URL | さぶろう #- [ 編集 ]

COHARUさん

最後まできましたね。

関門との闘い、シビれました。
あの瞬間、涙ぐみながらも、写真だけはしっかり撮っていて、
ハタから見てても怪しい感じだったと思います。(笑)

やっぱりね、ウルトラ多分また走ると思います。
あの感じを味わったら、やめられないですよ。
[2011/05/08 ] URL | さぶろう #- [ 編集 ]

『やがて日は沈み、
北麓公園は少しずつ寒さと闇を増していった。

陸上競技場へ続くこの道にはライトが照らされ、
私からは逆光となって前を通り過ぎるランナーの顔がよく見えない。

そして19時が近づいてくる。

これは大勢のランナーにとって重要な意味を持つが、
時間はいつだって感情を持たずに時を刻んでしまう。

この頃から時計を見る回数が多くなった。

最後の力を振り絞ってふらふらと公園に入ってくるランナー達。
でも表情が見えなくたって、分かるよ。

みんな気が遠くなるような長い距離、
時間をかけてそれを表現してきたんだ。

ウルトラランナーは美しくて、切ない。

すると逆光の中、1人の表現者が公園に飛び込んでくる。

この背の高いランナーを見つけた時、
鳥肌が立った。
まるで映画のワンシーンのようだ。

しかし本当に100キロ走ってきた人間なのだろうか?
そう思うほどとても力強く、
そして喜びに満ち溢れている。

声をかけ、夢中でシャッターを押した。

すると驚いたことにそのランナーは握手を求め、
手を伸ばしてくる。

私はあっけにとられ、すぐにその行動が理解できない。

なんで今、握手なんだ?

ゴールはまだ数十メートル先で緩い登り坂。
100キロも走ってきたんだ、
とても疲れているのは間違いない。

その握手はとても熱を帯びていた。

あぁ、そうか。
この人はこうやって生きてきたんだな。

桜吹雪のような歓声が舞うゴールへの花道を、
その表現者はゆっくりと進んで行き、
そして見えなくなった。

私は振り返り、
今も疲労と寒さの中でもがいているだろう友人の事を思い、
そのまま公園の入り口を見つめた。』

遅くなりましたが、
完走おめでとうございます。

お祝いの意味も込めて勝手に寄稿しました。
長文ですいません。
私の前を通過した様子をしたためてみましたが
いかがでしょうか。

また一緒に走りましょうね。
[2011/05/30 ] URL | ジミー #- [ 編集 ]

ジミーさん

コメントありがとうございます。シビれました。

富士五湖に挑戦することになったきっかけのうち、
ジミーさんの去年の富士五湖の記事の影響は大きかったんです。
あの景色、心象風景、世界観、なんとも言えない感じ。
特に、多分走力も同じくらいだから、目線が近いようにも感じてました。
レースに参加することで、それを自分も体験してみたくなったんです。
もちろん、あの頃は一方的に記事を眺めてるだけでしたが。
その後、実際にお会いして、ウルトラの話しも聞いて、
一緒にチャレンジ富士五湖に参加できることが本当に嬉しかった。

直前にケガされてたし、先行した私が制限時間ギリギリだったから、
ジミーさんは厳しいかなぁとは予感してました。
ゴール手前で迎えてもらった瞬間、ジミーさんのリタイアを理解し、自分だけ
ゴールするのは申し訳ないと思いましたが、同時に、私の完走を自分のことの
ように喜んでくれるジミーさんを見て、感謝の思いがあふれました。
このすばらしい世界にいざなってくれて、本当にありがとうと。

おかげさまで、かけがえのない体験をすることができました。
そのジミーさんから、最後にこんな素晴らしいコメントをもらえて、
こんなに嬉しいことはありません。

是非、また一緒に走ってください。
[2011/05/30 ] URL | さぶろう #- [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://saburo78.blog68.fc2.com/tb.php/470-4e34adc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。