さぶろうのマラソン好日録
1972年生まれの42歳サラリーマンです。マイペースで走ってます。

プロフィール

さぶろう

Author:さぶろう
1972年生まれの42歳サラリーマンです。学生時代、フケてたので「三浪してるみたい」→「さぶろう」というあだ名でした。
20年近く運動から遠ざかっていましたが、フルマラソン完走目指して2009年1月よりトレーニングを始めました。
スタート時は182cm86kg体脂肪30%強のメタボ体型でしたが、10kg以上やせて、フルとウルトラを完走しました。
なかなか速くなりませんが、マイペースで走ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



ジョグノート



出場予定大会

4/21 チャレンジ富士五湖(112km)
5/12 道志村トレイル(ハーフ)
7/7 北丹沢12時間耐久レース



自己記録

10K 10年12月 多摩川月例 48:43
ハーフ 10年10月 タートルマラソン 1:49:52
フル 12年3月 板橋シティ 3:57:58
100K 12年4月 富士五湖 12:40:18



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チャレンジ富士五湖 レポ6(完結)

~75km 52:01(キロ10:24)

ここは赤池大橋の上りで歩いたので、ペースが落ちました。
しかしこの時点で残り25km、時間はあと4時間15分ありました。

つまり、25kmで255分、1km10分かけても完走できる計算です。
そのことをアレキさんに伝え、かなり完走が近づいたことを
共有します。

ここから、1kmを10分以内で進んだ分だけ、余裕度があがるという
イメージで。決して歩いていいということではありません。(笑)

~80km 41:44(キロ8:20)

また余裕度が上がった感じ。
80.5km地点の西湖公民館の関門は15:32分出発。
初完走の時よりまだ16分早い。残り20kmに3時間半ある。
よし!

~85km 押し忘れ

ここから帰りの長い西湖をやっつけ、西浜小学校エイドへ。
ここに、のべさん達が待っててくれました。

8484848484111.jpg

あと15km。短いようで果てしない。
しかし、このままのペースで進んでればゴールできる。
たかだかあと3時間。

アレキさんも辛そう、でも、自分からは歩きださない。
私が歩きましょうと言うと、少し嬉しそうだけど。(笑)
ペースメークを私に任せてくれてるんですね。
大丈夫です、絶対ゴールするので。

河口湖あたりでR2さんの奥さんが撮ってくれた写真。
NORI7883[1]
NORI7991[1]

~90km 1:29:18(キロ8:55)

ここまできたら、もうゴールまでのカウントダウンです。
まず、河口湖を離れてからの上りをしっかり歩く。(笑)
そして、ステラシアターまでのフラットな道は、しっかり走る。

ここでのアレキさんは強かった。
また置いていかれそうになり、私も必死で食らいつく。
90km以上を過ぎてなお、あれだけ走れるとは。
序盤のあのスピードは、やはりオーバーペースではなかった。

~95km 46:19(キロ9:15)

最後のステラシアター出発が17時41分。
初完走の時より9分早く、制限時間まであと1時間19分。

最後は3km登って2km下るだけ。
この上りに入ったとき、ゴールできるという安心感なのか、
もう体が空っぽになってました。

横を見ればアレキさんも同じ感じ。
私に合わせてくれてたのかもしれませんが。
動かない体を引きずるように、3kmをトボトボと。

そしてラスト2km。
どちらからともなく、ゆっくりと走り出します。
30分以上歩いてたので、脚は固まり、一歩着地する度に
色々な所に痛みが走ります。
イテテ・・・

それでも、ゴールが近づくにつれ、またアレキさんが
スピードアップ。いやはやスゴい。
これは間違いなくご本人の気持ちと実力ですよ。

アレキさんをゴールまで連れていく、などとエラそうなことを
言いながら、ゴールまで連れてきてもらったのは、むしろ
私のほうだった気がしますね。

ゴールでは、たくさんの仲間が待っててくれました。
みんなに気づいてもらえるよう、ちょっとスピード落とす我々。(笑)

IMAG0866_BURST001[1]
IMAG0867_BURST001[1]
142[1]
IMAG0869[1]

~100km 56:11(キロ11:14)
トータル 13時間37分

何度走ろうがやはり100kmは果てしなく、苦しく、
辛い道のりですが、やはりゴールはいい。
ここまで自分の脚で辿り着いたということで、
その苦しみを克服できたと思えるから。

まぁ来年は出ることはないと思いますが(笑)、
今年も素晴らしい経験をさせてもらいました。
一緒に走ってくれたアレキさん、応援してくれた方々に
感謝します。ありがとうございました。


↓いつも応援ありがとうございます。コメントもお待ちしています!
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。