さぶろうのマラソン好日録
1972年生まれの42歳サラリーマンです。マイペースで走ってます。

プロフィール

さぶろう

Author:さぶろう
1972年生まれの42歳サラリーマンです。学生時代、フケてたので「三浪してるみたい」→「さぶろう」というあだ名でした。
20年近く運動から遠ざかっていましたが、フルマラソン完走目指して2009年1月よりトレーニングを始めました。
スタート時は182cm86kg体脂肪30%強のメタボ体型でしたが、10kg以上やせて、フルとウルトラを完走しました。
なかなか速くなりませんが、マイペースで走ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



ジョグノート



出場予定大会

4/21 チャレンジ富士五湖(112km)
5/12 道志村トレイル(ハーフ)
7/7 北丹沢12時間耐久レース



自己記録

10K 10年12月 多摩川月例 48:43
ハーフ 10年10月 タートルマラソン 1:49:52
フル 12年3月 板橋シティ 3:57:58
100K 12年4月 富士五湖 12:40:18



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ハセツネ レポ5(ラスト)

大岳山へは、フラットな道と上りが交互にあって、意外と
走らないといけない場所が多いです。

わかっちゃいるけど、体が動かない。
キツい。

もう出し切ってしまったのか?
いや、まだまだイケるはずと思うけど、体は動かない。

うー ハセツネめ。

最後の岩場の急登を、ゼーゼー言いながらよじ登り、
やっとの思いで山頂へ。

大岳山 58.0km 16:12(去年18:05)

体は悲鳴を上げ、余力などどこにもないように思えるけど、
これから日が昇ってくると、不思議と回復するのを
私は知っている。(笑)

それまでは我慢だ。
チーズやらBCAAやらを補給し、ガレた岩場の下りへ。
ここを下れば、水場もあるし。

下っている途中で、少しずつ周囲が明るくなってきて、
それにつれて体も動くようになり、下るスピードも少しずつ加速していきます。
これは本当に不思議。

やや岩場が濡れていて、ところどころ滑りながら、尻餅を
つきながらも順調に下っていきます。

これはこれからガンガンいけそうだ、と思った瞬間、
濡れた大きな岩に足を滑らせ、変な感じに体が1回転して、


ゴン!


わき腹と肩をしこたま打ちつけます。

ゲフ! と変な声が出て、しばらく何が起こったかわからず。
まず、腕の感覚がなくなっていると思ったら、肩が外れてました。
脱臼は過去何度か経験しているので、自分で肩を入れます。
ちょー痛い。

わき腹は、肩の痛みに隠れて、その時は大したことない、と
思ってましたが、おそらく肋骨が何本か逝ったんだと思います。
なぜなら、レース後2週間経った今でも、くしゃみをすると痛いから。(笑)

肩が入ったことで、何事もなかったことにして走り出しますが、
腕振ると肩痛いわ、着地と激しい呼吸の度にわき腹に激痛が走るわで、
とても全力で走れません。

ここでロキソニン投入。
とても効いた感じはしませんでしたが、効いてることにして、
ヨチヨチ走ります。
肩とあばらが痛くても、脚が動くんだから、何とかなるでしょう。

水場で顔を洗ってリフレッシュ、第3関門まで走る。
いてぇ。

第3関門 17:22(去年 19:06)

ここからまた日の出山まで走る。
いてぇ。

日の出山 17:53(去年 19:47)

今年も日の出山は、明るくていい景色でした。(笑)
IMG_2126.jpg

ここからゴールまで11km、本来であれば魂の走りをしたいところ。
でも、ホント痛くて。
全力で走りたいのに走れないのが悔しい。

それでも、走れるところだけは何とか走って、ゴールへ向かいます。
ゴールには、す~さんご夫妻やR2さんご夫妻が迎えてくれて。

ハセツネで楽しいの、この瞬間だけだわ。(笑)
NORI0896[1]
NORI0907[1]
NORI0916[1]
NORI0934[1]
NORI0933[1]

ゴール 71.5km 19:38(去年21:46)

そして、アレキさんも。よかった!
NORI0971[1]


今回のハセツネ、ダメな自分なりによくやったと思います。
レースまでの準備は決して褒められたものではありませんでしたが、
レース中は諦めず、腐らず、自分で自分を肯定して励まし続けました。

キツい思いやトラブルはしょうがない。そこに向き合って、克服して
ゴールした時の達成感はやはり最高ですね。
だからと言って、また出たいとは思いませんが。(笑)

毎年言ってますが、もう来年は出ませんので! 絶対に!


↓いつも応援ありがとうございます。コメントもお待ちしています!
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ


ハセツネ レポ4

三頭山から第2関門まで6km弱。
この区間は、本当に長い。そこそこ頑張って走っても、毎年
2時間くらいかかってます。

なので、もうあせらずに。
第2関門まで行けば水がもらえるので、この区間は贅沢に
水を飲んで進みます。
いつもは一口だけのハイドレの水も、豪勢に二口飲んじゃったり。(笑)

荷物が軽くなってくると同時に、だんだん走れるようになってきます。
鞘口峠を越え、風張峠に向かう道も、そこそこ軽快に走ります。
このあたりで、ランナーを抜かすことが多くなってきました。

正直、調子いい。(笑)

第2関門では、ゆっくり休憩して、おにぎりやカラアゲを堪能する
つもりだったんですが、ここで欲が出たんですよね。

ゆっくり休むのは、その先の御前山にしよう。
そうすれば、あと大岳山一つだと思えば気が楽なはず。

第2関門 42.09km 11:30(去年13:27)

ここで、水を補給し、ゼリーやアミノ酸を摂取、おにぎりとカラアゲは
御前山の山頂にとっておくことに。

周りを見渡してもアレキさんはやはりいない。
やっぱり速いなぁと。

ここから御前山までは多分1時間半くらい。
それだけ頑張れば、ゆっくり休める。
よし!

かつてないほど気持ちだけは元気に、御前山に
向かいます。

しかし、ここの上りは本当にやっかい。
直登気味に延々と続く坂が、先ほどのヤル気を奪っていきます。


ここで、小さなアクシデント。
腰に巻いていたライトが、電池切れで突然消えました。
ヘッドライトと腰巻ライトで走っていたので、どっちかが消えても
いいやという気持ちで、予備の乾電池は持参していませんでした。

しかし、いざライトが消えると、異常に心細い。(笑)
そして、腰巻ライトをややキツめにつけていたせいか、
なんだかおなか周りを中心に気持ち悪くなってきた。

うわー これ、御前山でおにぎりとか食べられるかな。
なんかヤバい。
とにかく山頂を目指して、そこで休もう。

しかし、いくら登っても、山頂が来ません。
とにかく山頂にさえ行けば、という一心で、呼吸ゼーハー、
汗だくで必死に登ります。
激しく消耗していくのが自分でもわかります。

後から思えば、やはり第2関門で食べれるうちにしっかり補給して、
余裕を持って御前山に向かえばよかった。
焦ることはなかった。

御前山 46.57km 13:08(去年15:40)

山頂に着いた時には、消耗が激しすぎて、しばらく動けませんでした。
呼吸も全然整わない。
補給どころか、ザックを開けるのも面倒。

じっとしてたら、あっという間に汗冷えして、体がガクガク震えだします。
しまった!
低体温症は避けないと!

震える手でザックを空け、レインウェアを無理やり脱いで、中に
薄手のジャケットを着込んで再度レインウェアを着ます。
指先が出てる手袋の上から、もう一つ手袋を重ねて。

まだ寒い。震えが止まらない。
何か食べないと。

楽しみにしていたはずのカラアゲを口に放り込みますが、
全くおいしくない。何回噛んでも、飲み込める気がせず、
吐き出してしまいました。

完全に失敗した。
寒い。気持ち悪い。力が出ない。
これはオオダワでリタイアか。

この状態で、体を温めるために唯一できることは、動くこと。
とにかく行こう。
フラフラになって、オオダワへの下りに向かいます。

元気な状態の時でさえ延々と続くオオダワへの下り。
ヨロヨロの私には、途方もない道のりに感じられました。

途中、あまりの気持ち悪さにガスター10を服用。
胃が痛む感じがしたけど、気味悪さはいくぶんマシに。

エネルギー切れも実感していたけど、食べたくない。
ちょっと走っただけで息切れ、もうダメダメでした。

しかし、やはり動いたおかげで、少し体は温まってきて、
震えは止まりました。
とにかくオオダワだ。

オオダワ 49.77km 14:42(去年16:55)

やはりこの区間、過去最悪のタイムでした。
リタイア宣言して暖かい飲み物を飲んでいる選手が見えます。
あっち側に行くか? 行けばこの苦行から解放される。
しかし、行くと後で100%後悔する。だから行ってはいけない。

御前山の山頂より少し体調が回復してきたので、おにぎりを
むりやり詰め込み、これで行けるはずだと自己暗示をかけて、
リタイアへの誘惑を断ち切って、次に向かいます。

ここまできたらゴールしないと。
次は大岳山!


↓いつも応援ありがとうございます。コメントもお待ちしています!
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ


ハセツネ レポ3

暗くなってからの浅間峠までの道のりが遠いこと。
早くも道端でヘバッてる人もいて。
気持ちわかるけどね。(笑)

あと少しで浅間峠、というところで後ろからす〜さんの
旦那さんが来ました。
去年吐きながらも17時間台で走ってる強いランナー、
「去年とほぼ一緒のタイムです。」
って言ってたので、やはりここからが勝負なんだろうなぁと。

す〜さんの旦那さんと、ほぼ同タイムで浅間峠へ。

第一関門(浅間峠 22.66km) 5:50(去年5:56)

ここでしっかり座り、ゼリー補給、唐揚げも
少しパクつきます。ウマし。
ひょっとしたらアレキさんいるかと思って周りを
見渡しましたが、見当たらないので、多分行って
しまったんだろうと。

去年、ここから急激に眠くなり、三頭山に向かう
途中で何度となく気絶しました。
今年はそうならないよう、カフェインの錠剤を
飲みました。
効いてくれればいいけど。

魔法の杖であるストックも出して、さぁ行こう!

ここから笛吹峠〜西原峠は割と走れる区間。
疲れてはいるけど、多分去年よりはマシな状態、
確実に前に進まねば。

決して速くはないけど、立ち止まることなく淡々と
進んでいると、後ろから「さぶろうさん!」と呼ぶ声が。
振り向くとでんさんでした。

去年、ハセツネをほぼ歩きでゴールしているでんさん、
今年は20時間切りたいとのこと。
20時間切りは充分イケそうなしっかりした足取り、
しばらく話しながらご一緒させてもらいました。

「20時間切るなら、この区間は走った方がいいですよ。」
とエラそうに言った手前、自分も走り出さないわけにはいかず。(笑)

く、苦しい。
見栄はるんじゃなかった。

笛吹峠 27.96km 7:25(去年7:53)

どっかり座って休んでたら、でんさん、休むことなく進んでました。
あー そういうタイプね。(笑)

こりゃでんさんにも追いつけない。
まぁしょうがない。
とにかく次へ。
気力・体力を削りとられながら、西原峠到着。

西原峠 32.19km 8:20(去年9:00)

ここででんさんに再び会いました。
力強く先に出発されてましたが、今思えば少し
キツそうだったかな。
私も自分のことで精一杯、気の利いたこと
言えなくて申し訳なかったです。

しかし、明らかに去年より速い。
やはり寝てないから。
カフェイン摂ってるから眠くないはず、という
思い込みもあったと思いますが、ここまで頭は
冴えてる。

よーし、行けるとこまで行こう。
三頭山で寝まくった去年の自分を、引き離そう。

とは言っても、三頭山の上りはやはりキツく、
腹立つくらいゆっくりしか進めません。

もどかしさを感じながら、心の中では
「寝てないからOK」(笑)

また、どうしてもミニコーラの誘惑に勝てずに
このあたりで飲み干してしまったんですが、
「浅間峠手前で飲んでしまった去年より
我慢できたからOK。」

キツいし進まないし、折れそうになる自分を、
「これでいいんだ」
と励ましながら進んでた感じですかね。

やっとの思いで着いた三頭山避難小屋。
去年はここで行き倒れたなぁ。
今年は華麗にスルーしてやる。
これだけで去年より1時間速くなる。

後で聞けば、この時アレキさんは避難小屋で
体調不良だったようで。
まさかそんなこととは思わず、私は先へ。

この辺だったか、雨がパラついてきたので、
レインウェアを着込んで進みます。
どこまで過酷なんだハセツネ。

三頭山 36.32km 9:48(去年11:24)

予想通り、去年の自分を大幅に引き離した。
これはお祝いしないと。

満を持して、楽しみにしていたフルーツ缶を
ここで開放。

ウマすぎる。

近くのランナーの、「こいつ何食ってるんだ」
という表情が忘れられません。(笑)


ふー しかし、あとこの距離の倍・・・
いやいや、そういうこと考えると進めなくなる。

まずは次の第2関門(42.09km)を目指さねば。
そこまで行けば水がもらえるじゃないか。
このシチュエーションで飲む水は、間違いなく最高に
ウマいのです。(笑)


↓いつも応援ありがとうございます。コメントもお待ちしています!
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ


ハセツネ レポ2

スタート前には、皆さんとワイワイ。
IMG_2132.jpg

意外と動きやすいし、防寒にもなるかと思って長パン履いて
いったら、皆に笑われました。
これだとハセツネ感が出ないらしい。
レース途中で出会ったでんさんにいたっては、「ヤル気がない」と
手厳しかったです。(笑)

スタート直後は、アレキさんとほぼ同じスピードで進みました。
普通に走るとやはり追いつけず。私は目一杯。
出し惜しむほどの体力もないので、ゼーハーいいながら走ります。

渋滞の分岐をうまく選んで、アレキさんの少し前へ。
振り向いた時にアレキさんと目が合い、「何で!?」って
顔してたのがウケた。(笑)

変電所で渋滞がバラけ、今熊神社まで必死に走って。
キツいのに、抜かれ続ける。
夢の中でもがいて走ってる感じ。

今熊神社の上りでも順調に抜かれ続けます。
もうこの頃には割り切って、端っこを自分のペースで
登ります。
止まって譲るとキリがないし、それが休む言い訳になるので。
IMG_2124.jpg

アレキさんにもすぐ追いつかれ。
登り方が力強い。アレキさん地力ついたなぁ。

私は完走が危ういので、とにかく自分のペースを心がけて。
無理せず、かといって楽せず。
暗くなってからが大変、そこをどう乗り切るかが勝負。

入山峠 7.0km 1:49(去年1:50)

おっ 去年とタイム一緒じゃん。
去年は前半でご褒美のコーラ飲み干すわ、19時過ぎ
くらいから寝始めるわ、突っ込みどろ満載のレース
だったので、寝ずに進めば、去年よりはずいぶんマシな
時間で進めるんじゃないだろうか。

よし、去年の自分に勝つ!

醍醐丸まで約2時間。
アップダウンを繰り返しながら、ジリジリ高度を
上げていく区間。
あー ここキツいんだったと思い出しながら、ゼーハー。

醍醐丸 15.29km 3:40(去年3:59)

やっぱり去年より速い。
でも油断は禁物、先は長い。

ここから浅間峠まで更に2時間。
今年はコーラ飲まないぞと誓い(笑)、とにかくマイペースで前へ。

辺りも暗くなってきたので、いよいよヘッドライトを取り出します。
脇にそれて、ライト装着と同時に、ゼリー補給、みかんも一つ
ほおばって気分転換。

ここからだ。
あと12時間くらいは闇に向き合わないといけない。
夜明けの瞬間、自分はどこにいるんだろうか。
そもそもゴールできるんだろうか。

ここまででも随分キツい。
この先、どれだけの絶望感が待ってるんだろうか。

あぁこの感じ、なんかハセツネだなぁ。(笑)


↓いつも応援ありがとうございます。コメントもお待ちしています!
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ


ハセツネ レポ1

今回で3年連続3回目の出場となるハセツネ。

頑張った初回は18時間8分でゴール。
2回目はレース直前の尾てい骨ケガで練習不足、レース中に
寝まくったこともあって、21時間46分でゴール。

今回は子供の少年野球コーチ業にかまけて練習不足の
うえ、直前にギックリ腰を患って、本当にマズい状況。

ハセツネがこんな状態で簡単に完走できるレース
じゃないことは、私が一番よく知っています。(笑)

夜中の山で何かあったらご迷惑をかけるので、それなら
最初からDNSかとも思ったのんですが、それもどうかと。

エントリー合戦が熾烈なレース、走りたくても走れない人が
たくさんいる中で、練習不足だとか腰が痛いとかで逃げ出す
のは申し訳ない。

また、アレキさんが私より先にゴールすることをモチベーション
にして猛練習してるのを知ってたし、そのためにはまず私が
走らないといけない。

どんな状況でもまず真摯にレースに向き合って、やれることを
やるべきなんじゃないかと。

まぁこのあたりは、ゴールしたから、後でエラそうに
言えることなんですけど。(笑)


レース前に考えていたこと、準備したことなどをいくつか。

まず、走る練習は月50〜60kmとお恥ずかしい限り
でしたが、週末は野球でずっと動いてたし、
短い距離ですが、子供と一緒にダッシュしてました。

おかげで、そこまでの筋力の低下は感じていなかったのと、
体重は74〜75kgと、私にしては問題のない水準で
推移していました。

それから、前回寝まくってしまった反省から、今回は
寝ないで進むためにできることを考えました。

①補給をこまめに行う
エネルギー不足が眠気につながると聞いたので

②コースを区間ごとに分けて考える
「あと何十キロ」と考えると、それこそ気が遠くなって
しまうので、短い区間でのタイムを目標として、一区間
一区間を頑張る

③前日よく寝る
今回は、車での早朝入りを避け、ゆっくり電車で行きました。
前日の飲み会も、鉄の意志でソフトドリンクにしました。(笑)

④カフェイン
眠気覚ましとしてカフェインの錠剤を持参。
エネルギージェルもカフェイン入りのものを多用。
当日効き目が出るよう、1週間前からカフェイン断ち。

⑤食料
長い時間動き続けられるよう、また、区間ごとに
頑張ったご褒美が設定できるよう、種々の食料を
準備。

ちなみに今回の私の食料など

水2リットル お茶600ml コーラミニボトル1本
みかん2個 唐揚げ5個 おにぎり1個
エネルギージェル6個 ビダーインゼリー2個
フルーツ缶1個(パインと黄桃)
アーモンド入りチーズ2個
エネルギーバー1本。
その他顆粒BCAA、塩タブレットなど。

割とボリューミーでしょ。(笑)


練習不足で走れない、登れないはしょうがない。
あとは作戦と気持ちで進む、乗り切る! 今回は寝ないのだ!

まぁ普通は寝ないらしいんですけどね。(笑)
こんな感じでレースを迎えました。


↓いつも応援ありがとうございます。コメントもお待ちしています!
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。