さぶろうのマラソン好日録
1972年生まれの42歳サラリーマンです。マイペースで走ってます。

プロフィール

さぶろう

Author:さぶろう
1972年生まれの42歳サラリーマンです。学生時代、フケてたので「三浪してるみたい」→「さぶろう」というあだ名でした。
20年近く運動から遠ざかっていましたが、フルマラソン完走目指して2009年1月よりトレーニングを始めました。
スタート時は182cm86kg体脂肪30%強のメタボ体型でしたが、10kg以上やせて、フルとウルトラを完走しました。
なかなか速くなりませんが、マイペースで走ってます。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



FC2カウンター



ジョグノート



出場予定大会

4/21 チャレンジ富士五湖(112km)
5/12 道志村トレイル(ハーフ)
7/7 北丹沢12時間耐久レース



自己記録

10K 10年12月 多摩川月例 48:43
ハーフ 10年10月 タートルマラソン 1:49:52
フル 12年3月 板橋シティ 3:57:58
100K 12年4月 富士五湖 12:40:18



検索フォーム



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


またやったかも

肉離れした日からもう1ヶ月。
5日前に4km走ってみて、痛みも違和感もなかったので、今日は
10kmくらい軽くジョグするつもりでしたが…

走り始めて2kmで同じ左ふくらはぎに痛み。

あぁぁぁ、失敗した失敗した失敗したぁぁぁ。

たっぷり休んだから、もう治ったと思ったのに。
みんな肉離れ再発させてるから、自分だけは一発で治した
お利口さんになる予定だったのに。

即刻走るのやめて、とぼとぼ歩いて帰りました。

これ、2回目は1週間で治るとかないの?
リピーター特典的な。(笑)


3月のはなももはピンチだなぁ。
4月にチャレ富士もあるし。

でもおとなしく休むしかないんですよね。
わかってますとも。
あぁぁぁ、食べることに走りそうな自分がコワいです。




それから75T、ご注文いただいた皆さんに振込み
手続きのご案内メールをお送りしています。
なにせ振り込み手続き依頼ですから、迷惑メールに
振り分けられていることもありますので、ご確認願います。

お届けは3月中旬になる予定です。
しばらくは店長業務だな…


↓いつも応援ありがとうございます。コメントもお待ちしています!
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ


78.8kgから始めよう

ランオフ続いてます。
肉離れから2週間、痛みは引いてるので様子見で
走りたいところですが、軽度でも3週間は安静に
した方がいいとのこと、ここは最低でもあと
1週間は我慢しようと思います。

走りながら治す方法ないかと一応調べましたが、
どうも1000%ないらしい。(笑)

古河マラソン(フル)まであと1ヶ月ちょっと。
準備不足で焦るけど、ここで悪化させたら出場さえ
危うい。ジッと我慢です。

体重は78.8kg。抜群の安定感です。(笑)
走れないなら、せめて体重落とさないと。

体重落とすために走るんじゃないんです!
走るために体重落とすのです!
食うために生きるのではなく、生きるために
食う人間でありたい!←これ言いたかった。

ということで、クサらずダイエットも頑張ります。
78.8kgからスタート!
今日は食べ納めで六厘舎のつけ麺大盛り
食べたけどね!

そんな意志の弱さが私のいいところです。(笑)


75Tグッズ、2/12締め切りで再販してます。
詳しくはこちらの記事で。


↓いつも応援ありがとうございます。コメントもお待ちしています!
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ


ランオフ続く

走ってないことを記事にしないと、ランオフ感が出ないので。(笑)

肉離れ、歩いてる時でも違和感があり、しばらく安静にした
ほうがよさそうです。

肉離れの諸先輩方からたくさんコメントいただきましたが、
まずどれだけみんな肉離れしてるんだか。(笑)
完全にランニングで体悪くしてるパターンじゃないですか。

そして、ほぼ全てのみなさんが、完治しないうちに様子見で
走ってはケガを悪化させているという。
例外なし。(笑)

私も同じことやっとかないと、肉離れについて語れないのかな。
あー あれ、長引くのよね、的な。

ホントは古河はなもものフルが3月だから、この時期
走りたいんですよね。
しかし急がば回れ、今は休養と栄養が大事と割り切って、
よく食べてよく寝てます。
若干他の部分にも栄養が回ってる気もしますが‥


あー 走りたい。
もしかして、走るの好きかも。(笑)


↓いつも応援ありがとうございます。コメントもお待ちしています!
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ


どうも故障したっぽいです

ふくらはぎの痛み、調べてみたら、非の打ち所がない
肉離れでした。(笑)

そんなに走ってないし、スピードも出してないのに、
ケガする時はするんですね。

やっぱり体重のせいかな?
それとも食べ過ぎか?
消費カロリーより摂取カロリーが多かったか?
ラーメンの大盛り頼みすぎか?
どれが原因だかさっぱり分かりません。

まぁムリしないのは比較的得意なので(笑)、
ゆっくり治します。


でもブログは更新し続けますよ!
これまでも毎日更新してますから。気持ちは。
結果が伴ってないだけですから。(笑)

いよいよ店長業務に向き合わなければ
いけないのか‥


↓いつも応援ありがとうございます。コメントもお待ちしています!
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ


Gとの闘い 続編

日本全国のG主のみなさん、こんばんは。

おそらくは大多数の方に不評で、一部の方にのみ大好評のこの
Gとの闘いシリーズ。

「是非続きが知りたい!」というコアな読者のリクエストにお応えし、
勇気をもって本日もお届けしてまいりたいと思います。

~前回までのあらすじ~
G主となって4年目の私、Gの中では比較的症状が軽微であるイボG
と共に平凡な日々を送っていましたが、ここにきて症状が悪化。
Gとの馴れあいの関係を断ち切り、新たな人生を歩む決意を固めた
のでした。

参考記事:Gとの闘い レポ



診察を終えて一晩寝ると、前日の出来事がなかったかのようです。
全ては夢だったのではないか。

マトリックス? 胡蝶の夢?
あれは自分の妄想が作り出した虚構であり、自分の肛門に
異常など認められないのではないか。

一縷の望みにすがるように財布を開けると、そこには
肛門科の分厚い診察券が鎮座ましましています。

あぁ…

現実から目を背けてはいけない。
問題を解決するためには、その問題から逃げてはいけない。

ビジネスの世界だってそうじゃないか。
問題というのは、解決できる人のところにしかやってこない。
人生はいつだって示唆に富んでいるのです。



何事もなく数日を過ごし、週の半ばには久しぶりのインターバル
練習を行いました。
この日のメニューは1km×5本。

当然予想はしていましたが、2本目あたりで、Gが「こんにちは!」
と元気よく挨拶してきます。

慌ててはいけません。
イボG主の素人であれば、お尻の違和感に恐れおののき、
「漏らしたんじゃないか?」との不安に襲われ、とても走ってなど
いられないでしょう。

私もそこは4年目のG主、Gか身かの微妙な感覚の差異を即座に見極める
ことができるのです。

これはこのまま続行だな…

Gを伴ったまま、3本目に突入していきます。
Gの存在感は無視できないほど大きくなっていますが、これを
意識しすぎると、かえってフォームが崩れてしまいます。

Gに走りを支配されてはいけません。
Gを支配するのはこちらなのです。
主導権を渡してなるものか。擦れるなら擦れろ!

きっちり5本をこなし、自宅でシャワーを浴びたら…


超痛いんですけど。


ぬうぅ…



こうして迎えた治療の当日。
治療後はしばらく運動できないと聞いていましたが、治療前なら
いいだとろうということで、直前に30km走をやりました。

ここで一緒に走ったラン友が、偶然にも私が行こうとしている
病院の元患者でした。7~8年前のことだそうです。

私が、先日の診察で、イボGは軟膏や薬では絶対治らず、今は
注射での治療が主流になってることを伝えると、


「えっ!? オレその病院で軟膏もらったけど?
 昔と言ってること全然違うね。(笑)」



軟膏では全く治らなかったので、結局他の病院で治療したらしい。

聞かなかったことにしよう…
この世には、知らないほうがいいことがたくさんある。



そして、何事もなかったかのように病院へ向かいます。
直前に30km走ったため、もうGはパンパンです。爆発寸前です。
ピークです。モテ期です。

以前の診察では、Gが引っ込んだ状態でしたが、
今日は勢いが全く違います。

しかしよく考えてみれば、私が治療してほしいのは、まさに
この状態であり、これをきちんと診断していただいてこその
闘いであるといえましょう。

そうすると不思議なもので、早く診てもらいたくて
しょうがありません。

普段は人前でパンツを脱ぐという変態行為も、
この時ばかりはもどかしい。

こんなに腫れ上がった私のGを見てほしい!
なんなんだこの気持ち‥
人に言えないよ‥

そして先生、患部をいじくりまわして一言。


「ほう、結構大きいね」


あぁ、幸せ。
どんな形にせよ、人間の幸福は自己肯定感が感じられた
時にあるといっていいでしょう。
これでいいんだ。これでよかったんだ。

患部に注射、止血をして、その後点滴を30分。
いともあっさり治療は終わります。

なんだ、こんなものなのか‥
途端に、ある種の寂寥感が襲ってきます。

学校の先生というのは、手のかかる生徒ほど
思い出に残るものなのだそうです。

考えてみれば、Gだっていいとこあったよな…
あの張り合いの合った日々が懐かしい…



と感傷に浸っていると、突如猛烈な便意に襲われます。
患部をいじくり回され、注射して刺激を与え続けた結果、
眠れる獅子を呼び覚ましてしまったようです。

半日はこのままの状態で安静に、と言われていたにも
かかわらず。

しかし、これはGが出ているだけじゃないのか。
ここ最近は狂うことのなかったGか身かの判断に、迷いが生じます。

どっちなんだ…

患部には、しっかりガーゼがあてがわれ、触って確認できない
状態にあります。麻酔も効いてるので、感覚も鈍い。
治療が終了してもなお、神は試練を与えたもうのか。

しかし一歩間違えれば大惨事。
脂汗をかきながら、

「あの、トイレ行ってもいいでしょうか・・・」


怒られると思ったら、あっさりOK、おそらくこういう
事態はままあるのでしょう。
当事者にとっては大問題でも、実際は瑣末な問題に
すぎないこともあるのです。Gの治療は、奥深い。

果たしてトイレに行くと、それはもう大爆発で。
しかし、Gの兆候はもう見られない。
早くも薬が効き始めているのか。
血が混じった便とともに、辛かった日々の思い出も
流されていきました。



受付で、ハセツネの参加費と同じ15000円を払い、
ハセツネとはまた違った達成感に包まれながら、
ビルの外に出ました。

しばらくは激しい運動はできないな。
まぁそれもいいか。
そうだ、ゆっくり山登りにでも行こう。
たまには時間を気にしないでもいいじゃないか。

冬の気配がする秋の空はどこまでも澄み渡り、
このままどこかへ飛んでいけそうな気分に
自然と足が軽くなった私なのでした。


終わり。


↓いつも応援ありがとうございます。コメントもお待ちしています!
にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。